文字サイズ

診療案内

予約専用ダイアル

0120-44-2736

※診療は予約制となっております。 お手数ですが初めての方も事前にご予約下さい。

審美歯科

審美歯科とは?

保険治療では、「削った後を埋める」「欠けたところを治して噛めるようにする」といった機能の回復を中心に治療し、治療した後の見た目の美しさや、周りの歯との違和感のなさに注意が払われない場合があります。
これは現在の保険制度で使える材料や材質には限りがあり、機能回復のみに重点を置いて見た目の美しさにはあまり配慮をされていないためです。

口元の美しさはその人のイメージに大きな影響を与えます。

審美歯科では、治療後の自然さと美しさに重点を置いて治療をしています。
真っ白に輝く白い歯を手に入れとびっきりの笑顔でいられたら、毎日どんなに楽しいでしょうか。
審美歯科では「少し歯が黄色い」、「歯の大きさが気になる」など、どんな小さな悩みにも耳を傾け、どうすれば自信を持って笑えるようになるかを一緒に考えていきます。

審美歯科の治療

  • ・虫歯を削った後、詰め物をしたけど銀色で口を開けて笑うと気になる
  • ・歯が欠けた後を治したけど、周りの歯と色が違う
  • ・歯が黄色くて自信を持って笑えない
  • ・かぶせ物の色や形がよくない

歯を白くしたい

1.お薬を使って漂白する方法/ホワイトニング

この方法の利点は、薬剤で色を変化させる為、歯を削らないということです。
しかし歯に汚れがついていたり、むし歯や歯周病があるとホワイトニングができないので、ホワイトニングをする為にはお口の中の衛生状態を十分に良くしておくことが要求されます。
歯の変色の原因や程度がいろいろであるように、ホワイトニング法も人によって適切な方法を選ぶ必要があります。効果が確実でない場合もあり、場合によってはホワイトニング法では対応できず、歯を少し削ってかぶせる必要がでてくる場合があります。

ホワイトニングについて

2.審美補綴

できるだけ天然の歯を削らない方法を第1に考えますが、すでにかぶせ物が入っていたり、これからかぶせ物を入れなければならない場合には、より美しく長持ちするものをご選択頂けます。

セラミック治療

  • ・ハイブリットレジン
  • ・メタルボンド
  • ・オールセラミックス

Case1. ラミネートベニア

前歯の表面のみにセラミックスを貼り付ける方法

Case2. オールセラミック

セラミックスの被せものをする方法

Case3. メタルボンド

セラミックの裏側に強度を上げるために金属を貼り付ける方法。見た目と美しさと強度・耐久性を合わせ持つ

Case4. セレック治療

奥歯まで白く被せ見た目と機能性の回復を行う方法

CERECについて詳しくはこちら

歯並びをきれいにしたい

歯並びをきれいにする方法は大きく分けて2つあります。

1.矯正治療

一つは自分の歯を正しい位置に並び替えていく、「矯正治療」という方法です。
この方法は、時間はかかりますが、自分の本来持っている天然の歯の位置を変えることで美しい歯並びを獲得する方法です

2.人工的なかぶせ物や詰め物

もう一つの方法は、人工的なかぶせ物(セラミッククラウンやラミネートベニアなど)により、歯並びをきれいにする方法です。この方法は、短期間で治療が終了しますが、健康的な歯を大きく削る必要があったり、歯や噛み合わせの状況によってはこの方法だけでは対応できない場合もあります。
中には下の症例のように、全く歯を削らずに接着性レジンという、詰め物のみで歯の隙間を閉じることのできる症例もあります。

よく噛めるようになりたい

1.固定式義歯(ブリッジ)

抜けた歯がまだ1~2本くらいで、その前後に健全な歯がある場合は、その歯を利用して橋を渡すようにダミーの歯を作って噛めるようにするのがブリッジです。
ブリッジをするためには抜いた歯の前後の歯を支えにしてかぶせて固定するため、前後の歯を削らなければならなくなります。前後の歯が健全歯の場合でも削る必要が出てきます。

2.義歯(入れ歯)

部分入れ歯のメリットとしては、ブリッジと同様に保険が適用できる為費用が安く済む事と、前後の歯を削らずに済む点です。ただ、割と大きな人工物が口の中にあって、しかも可徹式のため完全には固定できないので、どうしても異物感がある事が敬遠される理由の一つです。

3.インプラント

インプラント治療とは、歯の失われた部位の顎の骨の中に、人工的な歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療方法をいいます。
インプラントは人工歯根とも呼ばれ、天然歯に近い構造をもち、口の中の機能回復と審美性を追求した新しい歯科治療です。

インプラント

歯のクリーニング / PMTC

歯周病や虫歯の予防はもちろん歯を白くする効果も

歯周病や虫歯を引き起こす元凶、プラーク。オーラル・バイオフィルムとも呼ばれる。粘着性があるので、雑なブラッシングでは歯がたたない、何ともやっかいな存在です。バイオフィルムを取り除くには毎日の丁寧かつ適切なブラッシング。しかし、何事も完ぺきにするのはむずかしいもの。
歯ブラシが届きにくいところに、バイオフィルムの切れ端が残ってしまうことが多いんです。それをきれいに取り除けるのが[PMTC]プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング。「専門家による機械的歯面清掃」。歯のクリーニングです。所要時間は30分~1時間程度。痛みは全くありません。「途中で居眠りをしてしまう患者さんもいらっしゃいます。痛みや出血がないのが、ほかのケアと一番違うところではないでしょうか」当院歯科衛生士。

PMCTとは?

特におすすめの人

  • ・乳歯から永久歯に生え替わる時期
  • ・乳幼児と接する機会の多い人(ミュータンス菌の感染を防ぐ)
  • ・ホワイトニング治療をする人、した人
  • ・喫煙者・糖尿病の人

3ヶ月に一度、PMTCを受けることをおすすめします。
費用は2,200円~5,200円。
汚れに応じてクリーニングの方法が異なります。

ケア時間
30分~1時間程度
(分割して行うことも可能)
効果継続期間
3~4ヶ月

藤堂デンタルオフィス STAFF BLOG

スマートフォンサイトへ